AWSの求人・案件紹介

AWSの求人・案件紹介【21件該当】

AWSについて

<b>AWSフリーランスエンジニアAWS案件の特徴と求められるスキル</b><br>最近のクラウドサービスの市場拡大には目をみはるものがあります。そんなクラウド市場の成長のトップランナーとして知られるのが「AWS」。需要拡大に対して、エンジニアの数が少なく、フリーランスエンジニアのAWS案件も急増しています。<br><br>今回はそんなAWS案件の特徴とAWSエンジニアに求められるスキルについて詳しくご紹介します。フリーランスエンジニアとしてのスキルアップや案件選びにぜひお役立てください。<br><br><b>◇AWSフリーランスエンジニアの案件の特徴</b><br>■AWSエンジニアの高まる需要<br>Amazon.comが提供しているAWSは、インターネット上で使用できるクラウドコンピューティングのプラットフォームとして急速に需要を伸ばしています。2004年にサービスの提供を始めてから、開発したサービスの数は実に50個以上。<br><br>クラウドサービス自体の市場は急速に拡大していて、「2019年までに世界のデータセンターにおける処理量の約80%がクラウド上で処理される」と予測されています。そんなクラウドサービス市場の拡大を牽引しているのが「AWS」。クラウドサービスのAWSのシェアは34%と、ぶっちぎりのトップで、もはやクラウドといえばAWSと言っても過言ではありません。<br><br>そんな状況ですから、今後もAWSエンジニアの需要が高まっていくことは間違いなく、実際現在は需要に対して供給不足であるといわれています。フリーランスエンジニアのAWS案件も確実に増えていて、高報酬なのが特徴です。<br><br>■幅広いニーズがあるAWS<br>AWSのサービスは、コンピューティングだけにとどまらず、ストレージやデータベース、エンタプライズやセキュリティなど50個以上にひろがっています。これにより、AWSが使用される現場も、ウェブアプリ、モバイルアプリ、ゲーム開発、アーカイブなどかなり多様に、グローバルに活用されていることが分かります。<br><br>AWS案件の特徴のひとつは、案件の多様性と言えるでしょう。サーバーを利用したい分だけ利用できるクラウドサービスは今後もたくさんの企業に採用されることが予想されます。<br><br>■リモートワークで働くことができる<br>クラウドサービスが主流になる以前は、サーバーやネットワークの設計構築・保守運用を行っているインフラエンジニアは、必然的にデータセンターのある場所で働く必要がありました。そんなインフラエンジニアの「ノマド化」を可能にしたのがAWSともいえます。<br><br>サーバーやネットワークなどの物理的な設備がクラウド化し、会社やデータセンターにいなくても、Webブラウザ経由でサーバーやネットワークにアクセスできるようになるため、AWS案件であれば在宅勤務などリモートで働くことを選択できる場合も多いでしょう。<br><br>フリーのインフラエンジニアとして「AWS」を武器にすれば、さらに柔軟な働き方が可能になります。<br><br><b>◇AWSフリーランスエンジニアに必要なスキル</b><br>クラウドサービスの台頭により、インフラエンジニアの仕事のあり方はおおきな変化を迎えています。AWSフリーランスエンジニアとして働く場合どのようなスキルが求められていくのでしょうか。<br><br>■インフラ知識とコーディング能力の両立<br>データベースやネットワークといったインフラがクラウド上のAWSに移行したからといって、そのようなインフラを管理する必要性があることに変わりはありません。AWSのエンジニアにも、今までのインフラエンジニアと同じようにインフラに関する知識が必要とされます。同時に当然AWSの設定作業においてコーディングスキルが必要になってくるので、既存の知識とコーディング能力を両立させることが求められます。<br><br>■オンプレミスからクラウドへの移行を担当するスキル<br>AWSの市場が拡大し続けている状態なので、オンプレミスからクラウドへの移行といったケースも多く発生しています。AWSエンジニアにクラウド型のサービス管理や運用技術が求められるのは当然として、クラウド化に必要なSQLやPerl,Python等のスキルがあれば担当できる業務の幅は広がるでしょう。<br><br>■メンテナンスなどの自動化を担当するスキル<br>AWSなどのクラウドサービスを利用したインフラ開発におけるトレンドのひとつは、定期的なメンテナンスや、インシデントの処理などのインフラ管理を自動化させることです。AWSの基盤サービスを管理・操作するための専用APIを使用します。専用APIは、RubyやPythonといった軽量型のプログラミング言語と親和性が高いといわれており、そのようなプログラミング言語を自由に扱えることが求められています。<br><br>■DevOpsに対応するスキル<br>最近増えているのが、開発と運用が連携をとる開発手段「DevOps」の導入です。フリーランスエンジニアの中には、開発・運用どちらかの案件だけを専門にしている人も多いかと思いますが、近い将来開発と運用を隔てる壁はなくなるのではないかといわれています。開発・運用両方の知識と経験があればAWSフリーランスエンジニアとしての仕事の幅はさらに広がるでしょう。<br><br><br><b>まとめ</b><br>ニーズの高いフリーランスエンジニアのAWS案件。既存のインフラエンジニアとしての経験を活かしながらコーディング能力と両立していくことが求められます。AWS案件は高額案件が多いのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。<br><br>

案件を再検索する

案件を再検索する

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • インフラエンジニアの案件求人ならインフラ案件紹介
  • 大阪のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • 福岡のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由
  • お客様の声
  • フリーランスお役立ち情報満載!BLOG
  • 現役フリーランスのぶっちゃけトークインタビュー!本音トーーク!
Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP