PHPの求人・案件紹介

PHPの求人・案件紹介【372件該当】

PHPについて

フリーランスエンジニアのPHP案件の特徴と単価相場について

誕生してから20年以上、Web開発の現場で人気のPHP言語。フリーランスのPHP案件にはどのような特徴があるのでしょうか。またフリーランスPHPエンジニアとして働くとどれくらいの年収になるのでしょうか。この記事ではフリーランスエンジニアのPHP案件について詳しくご紹介します。

PHPフリーランスエンジニアの案件における特徴
■PHP案件の需要は高い
PHP言語の特徴として、「Web開発言語としてのニーズの高さ」と「学習のしやすさ」があげられます。そのため人気のプログラミング言語のひとつで、PHPエンジニアの人口も多いといわれています。

PHP言語は、世界中のWeb開発の現場で採用されており、PHPで作成されたWebサイトは、24億を超えるとの一説もあるほど。Web系言語の代表格ともいえるプログラミング言語です。そのため、フリーランスのPHP案件の数も多く、フリーランスPHPエンジニアの需要はこれから当分高いとみられます。

しかし、もともとPHP言語で作成していたWebサービスをほかの言語に切り替える場合も多くみられるようになってきました。まだまだ現役の言語ではありますが、PHPだけのエンジニアでは希少性がないので、フリーランスとして働くなら、他の言語やスキルを身につけた方が獲得できる案件が広がるでしょう。

■在宅案件は全体から見ると少ない
フリーランスエンジニアの魅力のひとつに、「リモートワークなど柔軟な働き方を選択しやすいこと」があると思います。では、フリーランスエンジニアのPHP案件に在宅勤務ができるものは多いのでしょうか。

残念ながら、PHP案件は他の言語のエンジニアに比べて少ないのが現状です。その理由は、PHP言語が使用される現場のタイプにあります。先ほど説明したとおり、PHPが使われる現場はWeb開発の現場です。開発のプロセスには、完成形をあらかじめ決めてから開発を進めるウォーターフォールと、開発しながらゴールを決めていくアジャイルがありますが、PHPが使われる現場はアジャイルがほとんどです。

つまり、個人での開発というよりは、開発しながらチームのエンジニアと話し合い、完成形を決めていく必要があるので、リモートワークが難しくなってしまうのです。

■「自社開発」の場合在宅もありえるかも
では、比較的珍しい例ではありますが、どんな場合に在宅勤務が認められるのでしょうか。それは、自社で開発する案件か、クライアントのために開発する案件かによります。

クライアントが存在する案件の場合、クライアントとの秘密保持契約やセキュリティの契約上、在宅勤務が許可できない場合が多いのです。一方、自社で開発している案件の場合、そのような縛りは存在せず、比較的柔軟に対応してもらえるといえます。

とはいえ、そもそもPHP案件はリモートワークの案件が少ないので、在宅を条件に案件を選ぶのは難しいでしょう。在宅でない案件でも、案件をこなすうちに信頼関係が生まれれば在宅を許可してくれるかもしれません。まずは、在宅にこだわり過ぎずに、案件探しをするのがよさそうです。

PHPフリーランスエンジニアのポジションと単価相場
では、フリーランスのPHP案件の単価はどれくらいなのでしょうか。また、どのようなポジションのエンジニアが求められているのでしょうか。ここでは、現在会社員として働いている人にとっては独立するかどうかの決め手にもなる、このふたつをご説明します。

■PHP案件の単価相場
PHPの単価相場を、案件紹介サイトの情報をもとに調べてみると、50万~70万円の案件が9割だそう。極端に難易度が低かったり高かったりしない限り、50~70万円稼ぐことができそうです。

安定して案件を受注すると仮定して、この単価相場をもとに年収を計算すると、600万円~840万円となります。PHPエンジニア全体の先週平均が538万円といわれているので、フリーランスになるとそれよりも高くなることが予想されます。

またこの年収で、会社員の場合どんな企業の年収と同程度になるか調べると、だいたい大手SIerの年収と同程度になるといいます。大手SIerで働いている人にとっては、フリーランスになっても年収アップはあまり期待できないかもしれません。逆に、中小企業やベンチャーで働いているPHPエンジニアは、フリーランスになったら年収アップが期待できるといえます。

■フリーランスPHPエンジニアのポジション
PHPは20年以上前に生まれた歴史の長い言語であり、今まで幅広いプロジェクトで使用されてきました。これからフリーランスになろうとしているPHPエンジニアにとっては、どのポジションの案件が多いのか気になるところだと思います。

PHP案件の情報を調べてみると、半数以上がサーバーサイドエンジニアで、フロントエンジニア15%に満たない程度だそうです。主流ではありませんが、ゲームエンジニアの募集などもあり、PHP言語の幅の広さがうかがえます。

業界ベースでみると、約4分の1がWebサイトの業界なので、PHP案件におおいのはWebサイトづくりの業界におけるサーバーサイドエンジニアの案件といえます。これからPHPエンジニアとしてフリーランスを目指すなら、サーバーサイドエンジニアとしての経験やWebサイト開発の経験があると、案件選びに苦労することはなさそうです。

まとめ
フリーランスのPHPエンジニアは、Webサイト作成の業界でサーバーサイドエンジニアとして働いていることが多いようです。とはいえ、それ以外の案件募集も確かに存在するので、自分のスキルや経験に合った案件を探してみましょう。これからフリーランスエンジニアを目指す方はWebサイト作成の業界や、サーバーサイドエンジニアの経験を積んでみると案件の幅が広がりそうです。

案件を再検索する

案件を再検索する

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • インフラエンジニアの案件求人ならインフラ案件紹介
  • 大阪のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • 福岡のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由
  • お客様の声
  • フリーランスお役立ち情報満載!BLOG
  • 現役フリーランスのぶっちゃけトークインタビュー!本音トーーク!
Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP