Javaの求人・案件紹介

Javaの求人・案件紹介【361件該当】

Javaについて

フリーランスのjavaエンジニアの案件事情と求められるスキル

Javaはプログラミング言語のなかでも、かなり広く使用されていて、すでに技術として実績のある言語です。信頼性と汎用性から今後も高需要が続く見込みです。フリーランスのjava案件も多く、フリーランスエンジニアとして働くなら魅力的な言語といえるでしょう。今回は、そんなjavaの案件の特徴と、javaエンジニアに求められるスキルについて詳しくご紹介します。

数の多いJavaフリーランスエンジニアの案件
Javaはプログラミング言語の中でも歴史が長く、Googleが主に開発に使用している「Google三大言語」のうちのひとつでもあり、特に人気のプログラミング言語。環境に依存せず実行できる汎用性の高さと信頼性が特徴です。

企業の大規模システムやAndroidアプリ、Webアプリケーションなどで使われてきたという実績があり、これからも需要の高い言語といえます。よってJavaエンジニアを必要とする案件は、数多く存在するプログラミング言語の案件の中でも特に多いのです。

多くの企業でJavaエンジニアの採用が活発にされており、求人情報を探せば転職サイトなどで豊富な働き口を見つけることができるでしょう。それは、社員としてのエンジニアだけでなく、フリーランスエンジニアにもあてはまります。柔軟に働くフリーランスエンジニアの存在も、企業からの需要は常に高いのです。しかし同時に、Javaは初心者向けのプログラミング言語とも言われておりエンジニアの人口が多いのも事実。フリーランスjavaエンジニアとして働くなら、条件の良い案件を受注するためにはある程度競争がともなうことを分かっておきましょう。

他の言語のフリーランスエンジニアにも言えることですが、特にフリーランスjavaエンジニアは「+α」のスキルや経験が求められているといえます。また、汎用性の高いJava言語のプロジェクトは、自分のこれまでの経験やスキルを活かすチャンスでもあります。案件数の多いJavaプロジェクトの中から、自分の経験やスキルに合ったものを選んでスキルアップを目指しましょう。

Javaフリーランスエンジニアが狙うべき業界や働き方
現在Javaエンジニアが求められている業界は、以前から主流の大規模システム業界に加えて、モバイルアプリの業界やインターネット業界、法人向けクラウドサービス業界でも需要が増えています。

以前はJavaエンジニアといえば、組み込み系やエンタプライズ系といったイメージでしたが、今はより多様な案件があります。業界が違っても、使用する言語は同じなので、組み込み系からインターネット業界に転職する人もいます。

業界によって働き方がかなり異なるので、Javaフリーランスエンジニアとして働くなら両者の違いを理解しておきましょう。大規模システムに関わる組み込み系エンジニアとして働く場合、求められるのはクライアントの要望通りに設計と実装することです。関わるエンジニアの数も多く、仕様書に沿ってきっちりと分業していることが多いです。また、基本的にはセキュリティの問題から会社に常駐して働くケースが多いでしょう。

インターネットサービスに関わるjavaフリーランスエンジニアとして働く場合、決められた仕様ではなく、メンバー間のコミュニケーションをもとに開発の方向性を決めていきます。大規模システムなどのプロジェクトと比べ、規模が小さく納期が短いのも特徴です。また、自社開発のサービスを提供している会社の場合、在宅勤務に柔軟な対応をしてくれる場合が多いです。

自分のスキルや経験にあった案件を選ぶことはもちろん重要ですが、「働く環境」もひとつの判断材料として重要です。フリーランスエンジニアとしての働き方は様々なので、自分にあったスタイルを見つけましょう。

フリーランスJavaエンジニアが高単価案件につくために
フリーランスJavaエンジニアが高単価案件につけるかどうかは、「+α」の経験やスキルがあるかどうかです。ではフリーランスJavaエンジニアにはどんなスキルや経験が求められているのでしょうか。

新たにプログラミング言語を習得するなら、Scalaがおすすめです。Scalaはオブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を扱うことができるのが特徴の比較的新しいプログラミング言語です。需要が順調に伸びているにも関わらず、まだエンジニア数が足りず、プログラミング言語別平均年収ではScalaが第一位だそうです。

Scalaをフリーランスjavaエンジニアにおすすめする理由は、javaととても相性がいい言語だからです。Scalaではjavaのライブラリのほとんどを利用できます。

他に高単価案件を獲得するために役立つ経験は、アプリ開発です、自分でアプリを開発し分かりやすくアピールできる実績を残しておきましょう。モバイルアプリの開発者は、需要に対して供給不足だといわれています。

アプリ開発に求められる経験やスキルとしては、UX(ユーザーエクスペリエンス)/UI(ユーザーインターフェース)や2D・3Dのモデリングなどのデザインに近い部分の経験です。そのような経験があれば重宝されるフリーランスjavaエンジニアとなれるでしょう。

まとめ
今回は、java案件の特徴と、javaエンジニアに求められるスキルについてご紹介しました。案件数が多く、需要の安定しているフリーランスjavaエンジニア。自分にあった案件を選んで、さらなるステップアップを目指しましょう。

案件を再検索する

案件を再検索する

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • インフラエンジニアの案件求人ならインフラ案件紹介
  • 大阪のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • 福岡のフリーランス案件、エンジニアの仕事
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由
  • お客様の声
  • フリーランスお役立ち情報満載!BLOG
  • 現役フリーランスのぶっちゃけトークインタビュー!本音トーーク!
Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP