アメリカでのフリーランス事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ジョブリーフリーランスのやなちゃんです。
フリーランスという働き方、日本でもメジャーになりつつありますが、
社会全体からみると、まだまだ認知されていない働き方かもしれません。

アメリカ

アメリカのフリーランス事情

一方、アメリカでは既にフリーランスという働き方がかなりメジャーになっています。
それが数字で見てわかるような記事を、
アメリカのフリーランスのための労働組合「Freelancer Union」が2015年に発表しています。

“freelancing in America:2015 [infographic]”

※Edelman Berland会社によって実施された研究結果より

この記事によると、
現在5,400万人弱のアメリカ人がフリーランスとして働いているとのことです。
これは、アメリカでの労働者3人に1人がフリーランサーということになります。
更に、去年から1年で約70万人のフリーランスが増えており、
フリーランス人口が更に増え続けています。

「働き方」への意欲

では、なぜここまでフリーランスが増えているのでしょうか?
理由のひとつとして、記事中にはこんなことが書かれています。
「フリーランサーたちは、雇用主からどんなにお金を高く積まれても、
フリーランスという働き方をやめない。」(英文和訳)

要するに、お金よりも自由な働き方を優先するということです。

企業側の姿勢

またアメリカでは、フリーランスの意識だけでなく、雇用主である企業側も意識が変わり、
どんどんフリーランスを好んで雇用している動きがあります。

調査によると、約75%の企業がスキルやタイミングなどのニーズに応じて
フリーランサーを活用しているようです。
フリーランスは、企業が求める専門知識・スキルを提供できるので雇用メリットが高く、
固定費削減を実現できるという理由からです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今後日本でも、フリーランスという働き方は伸び続けると予想されます。
エンジニアの方で、少しでもフリーランスという働き方に興味がある方は
是非ジョブリーフリーランスにお問い合わせください。

writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP