フリーランスエンジニアならではの防災対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜、熊本県を震源とする地震が発生し、
余震が続くなか救助・復旧活動が行われています。
会社に所属していると、防災訓練に参加したり
通常の業務ができなかった日の分も給与が支払われたりと
会社が対策してくれることもあるでしょう。

しかし、そうはいかないのがフリーランス。
一事業主として、危機管理にも自分で取り組む必要があります。

緊急事態でも事業を継続するための計画を
Business Continuity Plan、略してBCPといいます。
今回は、フリーランスが対策すべき防災とBCPについてご紹介します。

防災対策

■大前提の防災対策を、もう一度確認!

いちばんの前提となるのは、自分と家族の安全を確保することです。
具体的な対策については、専門のWebサイトを見ていただくとして
昨年、東京都では、首都直下地震などに備えて
日常的に活用できる防災ガイドブック「東京防災」を都内の各家庭に配布しました。
こちらはデジタル版も用意されているので、東京で勤務する方は
一度目を通してみてはいかがでしょうか。

また、携帯電話やスマートフォンで利用できる災害時伝言板や
災害時伝言ダイヤルについて、存在は知っているものの
実際には使ったことがないという人が多いと思います。
家族や、法人化しているフリーランスであれば自社の従業員など
連絡を取るべき人と、使い方を確認しておきましょう。

都道府県の帰宅困難者ポータルサイトや
SNSの防災アカウントをフォローしたり、防災関連のアプリを
ダウンロードしておくのも良いと思います。

■新しい現場に入ったら確認したい防災対策

次に、常駐案件への参画が決まったときにとっておきたい対策です。
東京都では帰宅困難者対策条例によって、備蓄などが求められていますが
あくまで「努力義務」であり、すべての事業所が対応しているわけではありません。

・就業している現場付近の避難所、滞在施設を調べておく

地域指定の避難所の場所だけでなく、帰宅困難者を受け入れる
「一時滞在施設」となっている大きな商業ビルなどを確認しておきましょう。

・現場から自宅までの帰宅経路を調べておく

大規模な災害時には、公共の交通機関が機能しないことはもちろん
道路が陥没して物理的に通行不能になったり
救命救助活動のために通行が規制されたり、といった可能性があります。
直線距離に近い経路だけでなく、多少遠回りでも
わかりやすい道順を覚えておくと安心です。

・現場に防災グッズを用意しておく

ヘルメットとはいかないまでも、ペットボトルの水や
粉塵をふせぐマスク、歩きやすいスニーカーといったものをはじめ
携帯電話の充電が切れたときに備えて、
主要な連絡先を控えたメモなどがあると便利です。

■手元にある程度の資金をもっておく

災害の影響で案件の継続が困難になった場合
稼動できた日までの精算となる可能性が高く、よほどのことがない限り
当初予定されていた金額を請求することは困難です。
また、精算がなされるまで、契約の支払いサイトから
遅れる可能性も十分にあります。

そういった状況下では、フリーランス個人が支払わねばならない
住宅費やローンなども、一時的に請求が停止する場合がありますが
すべて救済措置がとられるとは限りません。
反対に、交通費やホテル代など
予期しなかった出費が発生することも考えられます。

そのため、緊急事態に備えて、ある程度の資金を
複数の金融機関に分散させて、オンラインバンキングなども
利用できる状態にしておくことが望ましいといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フリーランスとしてのリスク対策を、今一度確認していただければと思います。

writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP