フリーランスエンジニアが支払うお金まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ジョブリーフリーランスのやなちゃんです。
今回は、フリーランスが自分で支払うお金について、改めてまとめてみたいと思います。

税金

フリーランスになると会社員よりも収入アップが期待できる反面、
自分で支払わなくてはいけないお金が増えます。

フリーランスが支払うお金

収益をあげるために必要な経費はもちろん、
会社と折半していた健康保険と国民年金は全額をフリーランス自身が負担することになります。

会社員は上記のほかに労災保険、雇用保険にも加入しており、
半分以上を会社が支払っているため、フリーランスと比べて
「守られている」立場だといえますね。

また、所得税と住民税は、会社員の場合、給与から天引きされて会社が代わりに納めていますが、
フリーランスは自分で支払う必要があります。
なかにはクレジットカードで支払えるものもあるのでそこでポイントを貯めるとお得です。

さらにフリーランスは、次の2つを知っておく必要があります。

◇個人事業税

確定申告で計上された事業所得の合計金額が290万円を超えたときに課税されます。
税率は業種によって異なりますが3~5%です。

◇消費税

いち消費者としての支払いに加えて、納税者の立場になる可能性があります。

独立2年目以降で、売上が1,000万円を超えた場合には
国に消費税を納める必要があります。

自分でこういった手続きをするのは大変ですが、
見方を変えればフリーランスの醍醐味でもあります。
経費の計上や青色申告をはじめとした節税にしっかり取り組んで
うまくやりくりしたいですね。

さて、支払うお金の話はここまでとして
次回は仕事を探す方法、フリーランスの営業活動についてお話します。
お楽しみに!

writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP