フリーランスエンジニアの健康管理 ~健康診断~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスのみなさん、最後に健康診断を受けたのはいつですか?
会社員は、義務的に毎年自己負担ほぼゼロで受けられるので、(会社が半分負担してくれるため)
きっと1年以内には受けられていることでしょう。

フリーランスの方の場合は、健康診断は義務ではないですし、経費でも落とせない。
それに自分で健康診断を定期的に受けるのってなかなか難しいですよね。

ただ、健康診断を受けるのは大事だということはわかっている方がほとんどだと思います。 だけど、なかなか受けられずにいる方がいるのであれば、その後回しになっている原因は何でしょうか?

「受診したいけど、お金がいくらかかるか不安」
「どこでどうやって健康診断を受ければいいのかよくわからない」
「なかなかいく時間が取れない」
といった感じでしょうか。

今回は、フリーランス向けに健康診断が受けられる方法をご紹介いたします。
最近受けていないなという方は、是非この記事を読んだ後、
後回しにしないで、受診しましょう。

体調の悪い人

■保険組合指定の健康診断

何らかの保険組合に入っている方の場合は、手続きによって、
その組合での健康診断を受診することができます。
(基本健診の場合、費用は1500円~6,000円程度)
もし保険組合に入っているのであれば、連絡するだけで受けられるのでお手軽ですし、
比較的安く受けられるので、1番よい方法かもしれません。

■市区町村の健康診断

多くの市区町村で、フリーランスなどの健康診断を受ける機会がない人向けに健康診断を行っています。
自治体によって違いますが、多くの自治体では無料、
もしくは1,000~2,000円程度で健康診断を受けられます。
ただし、利用できる人の条件が決まっているので(40歳以上、妊娠中など)、
申込む場合は、お住まいの自治体のHPを確認して予約してください。

■近くの病院での健康診断

近くの病院が健康診断を実施しているところであれば、受診ができます。
ただし、金額や検査内容、サービスなどは病院によって異なるので、調べる必要があります。
組合に入っていなくても、地方自治体の政策により安く検査が受けられることもありますので、
事前によく調べてから病院を選んでください。費用は平均1万円前後です。

その他、検診弱者のためにワンコインで健診を手軽に受けられるサービスを実施しているところもあります。
生活習慣病関連の血液検査が中心のようですが、
土日もやっているようなので忙しい方には合っているかもしれません。
実施場所は駅ナカやスーパーといった場所がほとんどなので、
詳しくはHPでチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実は最近、牡蠣が原因でノロウイルスに感染してしまい、数日寝込んでおりました。
フリーランスの方はこういう場合、有給休暇もないですし、大変ですよね。
早期発見のための健康診断とは話が違いますが、つくづく健康って大事だなぁと実感しました。

フリーランスの方の場合、有給休暇や失業保険はないので、本当に健康が命です。
是非、健康診断受けてみてくださいね。お大事に!

健康に関するオススメ記事

エンジニアにありがちな健康に関しての記事をご紹介いたします。
ぜひ、参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアの健康保険事情
フリーランスエンジニアは健康が命
ストレスフルなエンジニア必見!おススメのストレス解消法
パソコンでの疲れ目(ドライアイ)に効く方法
フリーランスエンジニアの健康管理 ~健康診断~
フリーランスエンジニアの健康管理 ~メンタルヘルス編~
フリーランスエンジニアも無縁じゃない、五月病対策
お疲れの時に試したい「手」のケア~フリーランスエンジニアの健康管理術~
writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP