フリーランスエンジニアの面談対策(質問テクニック編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ジョブリーフリーランスのやなちゃんです。

前回・前々回と、面談対策についてお伝えしてきました。
自己PRと案件理解のどちらの視点においても大事なのが、質問することです。
今回は、具体的にどのような質問が良いのか、テクニックをご紹介したいと思います。

質問のイメージ

■基本的な質問のしかた

質問のしかたは、主に次の2つにわけることができます。

オープンクエスチョン

Yes/Noで回答できる質問ではなく、相手が自由に答えられるように問う方法です。
相手に回答をつくってもらうので、より本音が引き出しやすくなります。
例:
△「疑問点を相談できる人は現場にいますか?」 ←相手は「いる/いない」だけでも答えられる
○「疑問点が生じたときはどのように解決していけばよいですか?」

クローズドクエスチョン

どちらかを選んでもらう質問にしたほうが、本音が聞けるケースもあります。
実は、質問に対する回答を、自分で判断するのが面倒・苦手という人は意外と多いです。
そこで、相手に選択肢を与えることで、答えやすくなるといわれています。

例:
△「稼動はどんな感じですか?」 ←「月によります」と無難な回答になりがち
○「稼動は平均して160hくらいですか?それとも200h超えるほうが多いですか?」
この2種類を使い分け、順序だてて質問することが
より理解を深めていくためのポイントです。

しかし、すぐに身につけられるほど、簡単なことではありません。
実は私も、詳しく知りたいと思って具体例をあげているうちに
いつの間にかクローズド質問になりがち、というクセがあります。

自分がどんな質問のしかたをしているのか
意識することから始めてもいいんじゃないかと思います。

■使えるフレーズ集

最後に、すぐに使えるフレーズをいくつかご紹介します。ぜひ活用してみてください。

「○○と、おっしゃいますと?」

相手がチラッと話したことについて、
「そこ詳しく!」と思ったときにとても便利な日本語です。
ただし多用すると「話のわからない人だな」という印象を与えかねないので注意です。

「ここだけの話、いかがですか?」

誰もが内心(他所でも言ってるよね)とツッコむ質問ですが
顔を合わせている面談だからこそ繰り出せるフレーズです。
初対面の人に切り込む質問なので、使う頻度としては
1回の面接で1度くらいに抑えたほうが良いでしょう。

「わかりやすく、丁寧に説明くださったのでポイントは理解できました。ありがとうございます」

質問のネタが尽きて、これ以上引き伸ばしようがない……!
というときは、正直に伝えてOKです。
相手を褒めつつ御礼を述べれば、雰囲気が悪くなることはありません。
もちろん、面談の最後の最後に使う言葉です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。少しでも役に立てていただけると嬉しいです。

writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP