フリーランスエンジニアの資格まとめ ~国家資格編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ジョブリーフリーランスのやなちゃんです。

新卒の就職活動では、学生時代に取り組んだ研究活動や部活動、
アルバイトなどのエピソードをもとに自己アピールをする方が多いと思いますが、
社会人が仕事を探すときは、主に職務経歴に基づいて自分の能力を説明することになります。

その際に能力・スキルの証明になるのが資格です。
また、職務経歴が浅かったとしても、
資格を取得していれば知識レベルはもちろん、勉強熱心な姿勢が評価されるかもしれません。

今回は、フリーランスとしてエンジニアをする方にとって、
役に立つ資格とは何かをお伝えしたいと思います。

資格受験の様子

エンジニアを取り巻く資格の大分類

世の中にはたくさんの資格があります。
そのなかで、フリーランスエンジニアにとって有利になるものは
「ビジネスパーソンとして役に立つ資格」と、「エンジニアとしてのスキルを証明する資格」
の2種類に分けられると思います。

■ビジネスパーソンとして役に立つ資格

最も代表的なものは、TOEICです。
近年は英語でのコミュニケーションが求められるIT案件も少なくないですし、
今後はより増えていくことでしょう。
具体的に「800点以上」といった条件が提示されることはそれほど多くありませんが、
高得点であれば仕事の幅が広がります。

そのほかには、簿記や中小企業診断士といった資格です。
現場で必要な知識というよりは、勉強しておくと
事業主としてのやりくりに役立つかもしれません。

■エンジニアとしてのスキルを証明する資格

技術面では、分野や言語ごとに非常に多くの資格がありますが
国家資格とITベンダーが提供する民間資格に分けられます。
今回は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が提供している
情報処理技術者試験(国家資格)について紹介します。

平成28年度から「情報セキュリティマネジメント試験」が新設され、
下記のとおり4つのレベルで13種類の資格試験が用意されています。

レベル1、2は基礎的なものであり、レベル3、4以上の資格を
もっていると高度IT人材の証明になるといわれています。

レベル1)ITパスポート試験

平成26年度実績では7万8,720名の応募に対し、合格率は47.9%。
情報技術の基礎とされていますが、誰でも受かるという簡単なものではありません。

レベル2)基本情報技術者試験

実践的な情報技術が活用できるレベルとされています。
平成27年度実績で13万8,791名が応募、合格率は25.8%。狭き門といえますね。

レベル3)応用情報技術者試験

SE、プロジェクトリーダーを務めるレベルといわれます。
こちらも合格率は21.3%となかなかシビアです。

レベル4)専門分野別に9種類

・ITストラテジスト試験
・システムアーキテクト試験
・プロジェクトマネージャ試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・データベーススペシャリスト試験
・エンベデッドシステムスペシャリスト試験
・情報セキュリティスペシャリスト試験
・ITサービスマネージャ試験
・システム監査技術者試験

レベル4の資格を総称して「高度情報処理技術者試験」と
呼ばれます。合格率はおおよそ15%といったところです。

まとめ

日本のIT人材は約112万人と推計されています。
その数字と比べてみると、国家資格をとっている人は少ないように感じますね。

次回は、エンジニアの民間資格についてお話したいと思います。お楽しみに!

writer
やなちゃん

フリーランスの方のご要望にお応えできるよう日々奮闘中です! フリーランスの方が興味・疑問をもっていることやお役立ち情報をブログに纏めてます。

一歩踏み出した方も、これから踏み出す方も、IT案件探しから参画後のサポートまでジョブリーにお任せください!
登録20秒!フリーランスエンジニア向けの非公開案件や応募殺到の高報酬案件も優先紹介!無料会員登録
  • ジョブリーフリーランスが選ばれる3つの理由

最新の記事一覧15件表示(最新順)

Pマーク

株式会社BTMは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

PAGE TOP